NENDO-MAN
"shaman with a clay"

20170711.jpg

Shaman with a clay. "NENDO-MAN" is a clay art show. Each time chooses one person who in the audience as a model. First, drawing on the paper and modeling a big face of 15kg clay. About 10~15 minutes for modeling. I have made 242 people's faces until now (April 2018). Here is the gallery of faces. https://www.instagram.com/nendomanshiva/

ネンドを持ったシャーマン。

作る時間は、約15分。
その粘土は、約30kg。
トータルで30分のアートショウ。

お客さんの中から1人をモデルに選びその「顔」を粘土で作ります。
モデル選び・似顔絵描写・粘土造形・完成、までで30分。
2013年に生まれた「ネンドマン」は、世界初のネンドアートパフォーマンスです。
(似顔絵は、モデルさんへのプレゼントに)

創造に没頭する姿から、造形の神秘と情熱を伝えたい。
現在(2018年4月)までに242人の方の顔を作っています。
そのすべての顔の記録写真(アーカイブ)はこちら